新着情報

2020.02.20
【講演・出展中止】九州ヘルスケア産業最前線2020で講演いたします
【講演・出展中止のご案内 2020年2月28日】
2020年2月20日にご案内しておりました本セミナーでの講演および出展ですが、主催者側の決定により、中止としましたことをご案内いたします。

なお、当日配布予定だった資料は、郵送・メールにて送付が可能です。
ご希望される場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【2020年2月20日 公開内容】
2020年3月13日に開催される「九州ヘルスケア産業最前線2020」にて、芙蓉グループ代表 前田が講演いたします。
講演では「ICT健康管理システム推進コンソーシアム」というテーマで、私たちの独自技術である「バイタルスコアリング(*1)」を活用したビジネスモデル、現在の取組みと成果、今後の事業展開といった内容を中心とした発表を行います。
また、当日は弊社製品の「安診ネット カイゴ(*2)」を展示いたします。実機のデモはもちろん、各種資料を配布しております。
ぜひお気軽にブースにお立ち寄りください。

詳細につきましては、以下をご確認ください。

■九州ヘルスケア産業最前線2020について
・日時:2020年3月13日(金)14:00~19:00 (17:15~18:45 交流会)
・場所:THE TWELFTH(ザ トゥエルフス・旧ハイアットリージェンシー福岡)
    福岡市博多区博多駅東2-14-1
・会場:ヴィクトリア会場
・参加費:無料(交流会につきましては有料となります)
・申込方法:ご案内状を参照の上、御申込下さい。

■講演について
・日時:2020年3月13日(金)15:30~16:00
・講演テーマ:ICT健康管理システム推進コンソーシアム

*1:バイタルスコアリング
バイタルスコアリングは芙蓉開発(株)独自の健康状態を分析し、指標とすることができる機能です。
テーラーメイドでバイタルの異常値を検知し、異常のレベルに合わせて点数化します。
バイタルスコアリングの実績については以下のページもご参照ください。
・芙蓉開発(株) 自社技術による高齢者における肺炎検知法を発表
http://www.anshinnet.net/news/detail/masterid/53/
・導入施設におけるバイタルスコアリングの成績(暫定値)
http://www.anshinnet.net/news/detail/masterid/66/

*2: 安診ネット カイゴ
安診ネット カイゴは、AIがバイタルを分析し 健康異常を早期発見するシステムです。
「AIによるバイタル異常値の早期発見」「入力の省力化」「医療と介護の情報連携」3つの特徴があります。
現場の声を形にし、「入居者に健康な毎日を」「職員の作業時間の軽減」そんな思いを実現します。特別なことを始める必要はなく、バイタルデータや介護内容の記録といった「毎日の積み重ね」をAI(人工知能)が分析し、入居者の健康管理につなげます。

【本件に関するお問い合わせ】
芙蓉開発株式会社
報道関係 戦略企画室 担当: 中野/TEL: (092) 471-8585
お客様 営業企画部 担当: 松山/TEL: (092) 292-9070
ページトップ