新着情報

2019.01.09
高齢者住宅新聞社セミナーが開催されます
2019年2月19日に東京、2019年3月13日に仙台の全2回開催されます高齢者住宅新聞社セミナーにて、弊社代表前田が講演いたします。セミナーでは「科学的介護の実践と人材難、ICT活用、介護医療院動向」という副題で、2018年4月に実施された医療介護同時改正で創設された介護医療院動向と医療介護業界全体の今後を踏まえた上で、弊社製品安診ネット カイゴ(*1)がそこに対してどのようなソリューションを提案できるかをご説明いたします。
各詳細につきましては、以下をご確認ください。

セミナーについて
・日時:<東京会場>2019年2月19日(火)13:00~15:15
    <仙台会場>2019年3月13日(水)13:00~15:15
・会場:<東京会場>TKP八重洲カンファレンスセンター
          住所:東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング
    <仙台会場>TKP仙台カンファレンスセンター
          住所:宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3 ソララガーデンオフィス
・セミナータイトル(両会場共通): 介護サバイバルに勝ち残る介護経営
              ~科学的介護の実践と人材難、ICT活用、介護医療院動向~
・ご参加: 定員60名、参加無料 ※定員になり次第締め切らせていただきます
・参加申し込み先:<メール> info@koureisha-jutaku.com 
         <FAX>  03-3543-6853
※こちらからPDFをダウンロードし、申込記入欄を記載の上、メールもしくはFAXでお送り下さい
https://www.koureisha-jutaku.com/wp-content/uploads/2018/12/fuyoukai_seminar_2019jf_1220.pdf
 
なお、YouTubeにて安診ネット・カイゴの動画を公開中です。合わせてご視聴いただければ幸いです。
https://www.youtube.com/watch?v=-sKtfp-zmf0&t=0s
 
*1: 安診ネット カイゴ
安診ネット カイゴは、AIがバイタルを分析し 健康異常を早期発見するシステムです。
「AIによるバイタル異常値の早期発見」「入力の省力化」「医療と介護の情報連携」3つの特徴があります。
現場の声を形にし、「入居者に健康な毎日を」「職員の作業時間の軽減」そんな思いを実現します。特別なことを始める必要はなく、バイタルデータや介護内容の記録といった「毎日の積み重ね」をAI(人工知能)が分析し、入居者の健康管理につなげます。

【本件に関するお問い合わせ】
芙蓉開発株式会社
営業企画部 担当: 松山/TEL: (092) 471-8585
以上
ページトップ