お問合わせ・資料請求

バイタルからのトリアージで科学的な健康管理へ

簡易型電子カルテ+看護・介護記録

「安診ネット メディカル」は、現場のバイタル・症状・既往歴・生活記録を容易に記録できるだけでなく、そのデータを各職種に必要な形に整理・分析し情報提供する病棟健康管理システムです。

簡易型電子カルテ+看護・介護記録

安診ネットの動画を見る

お知らせ

お知らせ一覧へ

「安診ネット メディカル」とは?

システムが職員のスキルを補い、病棟(施設)の健康管理レベルを平準化

システムが職員のスキルを補い、
病棟(施設)の健康管理レベルを
平準化

システムが職員のスキルを補い、
病棟(施設)の健康管理レベルを平準化

急性期医療の後、「癒やす医療」を担う療養病院や介護医療院では、高い医療管理が求められる反面、それを担う人材の不足が問題となっています。

『安診ネット メディカル』ではバイタルをテーラーメイドに分析することで、トリアージをカラーリングして表示し、病棟・施設内での科学的な健康管理を実現します。

システムが職員のスキルを補い、病棟(施設)の健康管理レベルを平準化

システムが職員のスキルを補い、病棟(施設)の健康管理レベルを平準化

また、カルテ機能に特化した安診ネットメディカルは、さながら「簡易型電子カルテ」のように、施設内での情報共有・管理に役立ちます。

さらにシステムに入力した様々なデータや情報は自動的に整理され、多職種で簡単に情報共有が可能になります。

機能を健康管理に特化することで、コストも最小限に抑えた安診ネット メディカル。介護医療院を含む介護施設、慢性期病棟等、健康管理を重視する事業所向けのICT病棟健康管理システムです。

介護医療院を含む介護施設、慢性期病棟等、健康管理を重視する事業所向けのICT病棟健康管理システム

『安診ネット メディカル』は現場のバイタル・症状・既往歴・生活記録を
容易に記録できるだけでなく、そのデータを各職種に必要な形に整理・分析し、
情報提供する病棟健康管理システムです。

『安診ネット メディカル』は現場のバイタル・症状・既往歴・生活記録を容易に記録できるだけでなく、そのデータを各職種に必要な形に整理・分析し、情報提供する病棟健康管理システムです。

「安診ネット メディカル」
3つの特徴

特徴1

1画面に医師の必要な情報を全て集約

患者サイドのリアルな医療情報が集約される多機能熱型表


患者サイドのダイレクトな情報も含めた患者様の状態把握に必要な医療情報が、1画面に集約されています。ボタン1つで各詳細情報にアクセスできるので、医師はこの画面を確認するだけです。
現場からの情報は、看護師・介護士の入力内容がシステムによって整理・分析され、医師にとって必要な形に整理されているため、診断の材料として活用できます。

特許申請中

安診ネットメディカル キャプチャ画面

アラート機能・
生活記録からの医療情報

@アラート機能・
 生活記録からの医療情報

生活記録より、排便量・水分量等が自動計算され、設定すればアラートを出すこともできます。

医師の診療録

A医師の診療録

診断、処方といった診療の記事だけでなく、画像データとして取り込むことで、検査データや患部の画像などを診療録に保存できます。

看護記録の共有

B看護記録の共有

看護師同士の申し送り内容が週間看護記録から自動で転記されます。これにより現場での経時的な患者様の状態把握が直接できます。

その他の機能

生活記録からの注意喚起

生活記録より、排便量・水分量等が自動計算されます。基準値を設定することで、その値から判定された注意喚起が行われます。

スコア

「スコア」をカラーリングして表示するので、直観的に経時的なトリアージが把握可能です。

診療録への記録

レントゲン撮影や血液検査の結果を画像として取り込み、閲覧できます。

検査情報

既往歴、処方の情報、医療辞書をワンボタンで確認可能です。

※『家庭医学大全』(法研)または『診療ガイドラインUP-TO-DATE』( 株式会社メジカルビュー社)の内容

I C T が多職種をつなぐ

看護師・介護士ともそれぞれの専用の画面で情報共有できます。

情報共有

看護師にとって

医師の診断、処方は診療緑から伝達漏れもなく確認できます。また、医師からの指示も週間看護記録で確認が可能。熱型表やスコアと合わせて効率的な医療的ケアを実現。

介護士(看護補助員)にとって

簡単なアイコン入力で記録した日々の情報が、きちんとした形に整理され看護師や医師と共有できます。伝達に迷うことも不要に。

特徴2

患者の医療リスクを管理

科学的健康管理による平準化と効率化


安診ネットでは、バイタルからのテーラーメイドの異常値検知と欧米や災害現場で広く活用されている EWS(Early Warning Score: 早期警戒スコア)を組み合わせたバイタルスコアリング法を用いて、健康管理の優先度を表示できます。

従来法

経験や勘頼りで平準化が困難。
非効率的

施設内での健康管理のレベルの維持は看護師にかかっています。人材難のいま、スキルフルな看護師の数の確保は多くの施設で課題なのが事実です。

従来法イメージ

安診ネット導入

バイタルスコアリング法

科学的健康管理で効率化。
効率アップ

客観的に算出されたスコアを参照し、トリアージを付けることで、1つの判断基準に。作業を平準化することで看護師の業務を効率化し、健康管理レベルの維持を助けます。

バイタルスコアリング法イメージ

CASE1

スコアを参考に、観察密度を変える

スコアを参考に、観察密度を変える

限られた人員で、毎日多くの患者様を同じだけ入念に観察するのは困難で、その判断基準も職員によってもまちまちです。

そこでトリアージを再検の判断材料とすることで、客観的な指標による科学的健康管理を行えます。

健康管理の質を保ちながら、効率を上げ、人手不足に対応できる病棟・施設管理をICTが実現します。

安診ネット導入前後比較

CASE2

状態変化の診断支援に

状態変化の診断支援に

個人の基準域やそこから算出されるスコアは時間に左右されません。

患者様の様子がおかしいときに、バイタルを測定しスコアリングすることで、医療介入を求めるかの参考にもなります。

CASE3

リハ出し、レク出しの判断材料に

リハ出し、レク出しの判断材料に

今日の体調でリハビリテーションを受けさせたり、レクリエーションに参加させたりして問題ないかという判断はとても難しいものです。

スコアや基準域を参考にし、リハ出しの判断材料の1つとして活用できます。

特徴3

看護師・介護士のICT記録ソフト

現場から生まれたシステムが人手不足解消への一助

現場から生まれたシステムが人手不足解消
への一助


紙記録

日々のバイタル記録から熱型表作成の負担。各種記録の手書きの手間や転記作業の煩雑さ

日々のバイタル記録から熱型表作成の
負担。各種記録の手書きの手間や
転記作業の煩雑さ

毎日毎日多くの情報を、紙に手作業で記録する作業、更にそこからの転記作業がひと手間もふた手間もかかり、現場での大きな作業負担になっています。

紙記録イメージ

安診ネット導入

バイタル自動入力 + 入力の省力化

日々の熱型表作成までの時間が約半分に。タッチパネルでパッと入力!必要項目だけを自動転記

日々の熱型表作成までの時間が
約半分に。タッチパネルでパッと入力!
必要項目だけを自動転記

バイタルは自動入力で記録もタッチパネル入力でスムーズ。入力した内容は必要な画面に自動で転記されます。

バイタル自動入力 + 入力の省力化イメージ

CASE1

バイタル記録がスピーディーに

バイタル記録がスピーディーに

バイタルの測定は、日々の健康管理に重要ですが、毎日の負担になっていることも事実です。

安診ネット メディカルでは自動入力方式を採用しているので作業時間が短くなり、入力時の記録ミスも防げます。

さらに熱型表を自動で作成するだけではありません。データを分析し、スコアリングの結果までが算出・表示されることで、手間をかけずにバイタルデータをより効果的に活用できます。

作業時間を短縮

バイタル測定と熱型表作成にかかる時間を比較。
安診ネットを使用すれば、所要時間が約半分になるという結果も出ています。

バイタル測定と熱型表作成にかかる時間を比較。安診ネットを使用すれば、所要時間が約半分になるという結果も出ています。

安診ネットを使用すれば、所要時間が約半分に

※ 2017日本慢性期医療学会「遠隔健康管理システムの介護施設での活用」より

※ 2017日本慢性期医療学会
「遠隔健康管理システムの介護施設での活用」より

バイタル自動入力の効能の動画を見る

CASE2

看護師の記録をペーパーレスに

看護師の記録をペーパーレスに

入力データはすぐに整理され、各職種にとって、必要な情報だけが専用の画面に転記されます。

一画面で概要を把握し、ボタン1つで各詳細情報にアクセスすることが可能になり、書類から情報を探す時間も短縮できます。

安診ネットメディカル 画面キャプチャ1

安診ネットメディカル 画面キャプチャ2

スコアリング法の効能の動画を見る

バイタルからスコアを算出する仕組み

バイタルからスコアを
算出する仕組み

安診ネット メディカルの最大の特徴は、
日々のバイタルから一人ひとりテーラーメイドで健康管理のスコアを算出し、
「トリアージ」を自動で判定すること。
これらの情報を基に病棟・施設管理を行うため、人のスキルや勘に依存しすぎない
科学的な健康管理が可能となり、安心した療養環境を提供できます。

安診ネット メディカルの最大の特徴は、日々のバイタルから一人ひとりテーラーメイドで健康管理のスコアを算出し、「トリアージ」を自動で判定すること。
これらの情報を基に病棟・施設管理を行うため、人のスキルや勘に依存しすぎない科学的な健康管理が可能となり、安心した療養環境を提供できます。

技術解説

CHECK1

高齢者向けのバイタル異常の
検知が必要な理由

高齢者向けのバイタル異常の
検知が必要な理由

高齢者は加齢の影響で体温や脈拍数が下がり、血圧が上がるというバイタルの変化に加え、その基準域は狭くなるという特徴があります。

よって従来の一般成人基準を基に判断すると異変の発見が遅くなる、または発見自体が困難である場合があります。

従来法では見つけにくい

CHECK2

テーラーメイドで
バイタル異常値を早期発見

テーラーメイドで
バイタル異常値を早期発見

一般成人基準ではなく、テーラーメイドに医学統計学から閾値(基準域)を設定し、異常値を検知することで「小さな変化」を捉え、いち早くアラートを表示することができます。

特許第6350959号

高齢者のバイタル変化のイメージ図

科学的な健康管理がもたらす効果

科学的な健康管理がもたらす効果
科学的な健康管理がもたらす効果

自覚症状が乏しい高齢者に対し、テーラーメイドのバイタル異常値検知や他覚症状・既往歴により検知する高齢者に合わせたシステム。

従来法に対し早期発見、早期医療介入が期待でき、重症化予防につながります。

CHECK3

バイタルの異常値等から
スコアリング

バイタルの異常値等から
スコアリング

それぞれの異常値等を合計し早期警戒スコアとする方法は「大きなバイタル変化や複数のバイタル変化は入院契機と相関がある」ことに基いています。
スコアを基にしたトリアージは赤・黄・無色とカラーリングされます。

特許申請中

バイタルの異常値等からスコアリング

スコアリングの仕組み

(特許出願中)

正規分布におけるデータの分布

「早期警戒スコア」は医療の場面で、迅速に患者の病気の程度を決定します。
方法としては、6つの主要なバイタルサイン(呼吸数、酸素飽和度、体温、血圧、脈拍数 / 心拍数、意識レベル)および観察(1項目以上)に基づきます。得られた測定値は通常の範囲と比較され、それぞれの単一のバイタルスコアを合計して算出します。

スコア合計点は入院等との相関関係があるとされており、世界中で利用されています。本技術は、バイタルデータが正規分布を示すという特性から、スコア設定を、一般的な絶対値基準から個人の統計的な閾値に変更し、それぞれの値を合計するスコアリング法を用いています。

本技術の検証

※検証結果は、各学会や論文にて発表しています。
※設定値は各医療機関、介護施設それぞれで設定していただきます。

「安診ネット メディカル」
お問合わせ・資料請求

お問合せ項目 導入を検討している  聞きたいことがある  資料・パンフレット請求
お問合せ内容
機関名
担当者名  名
メールアドレス
電話番号 - -
住所 〒  ※郵便番号(7桁)を入力すると自動で住所が表示されます

すべての入力内容をご確認のうえ、「確認画面へ」ボタンを押してください。

すべての入力内容をご確認のうえ、
「確認画面へ」ボタンを押してください。

仕様

必要な機器 指定のPC/バイタル測定機器(自動送信機能付き)
通信環境 指定の通信環境
システム仕様 基本機能 ● 多機能熱型表(簡易型電子カルテ)
● 看護記録
● 生活記録
● 病棟(施設)健康管理(バイタルスコアリング)
● 申し送り等の記録簿
● 患者(利用者)プロファイル
主な特徴 ● バイタルデータ自動取り込み
● 熱型表自動作成
● バイタル異常値検知
● バイタルスコアリング
● タッチパネル入力
● 自動集計(食事量・水分量・排便量など)
● 各種転記機能(申し送り、経過支援記録など)
● 電子医療辞書・ガイドライン
● WEBカメラ取り込み

安診ネットのセキュリティ

■ 使用しているサーバー

安診ネットは、厚生労働省、総務省および経済産業省の3省3ガイドライン(2018年7月までは3省4ガイドライン)の基準に準拠したクラウドサーバーに情報を蓄積しています。
このサーバーは場所を含む物理的な攻撃、およびDoS、DDos攻撃について対策されたものです。またそのセキュリティ内容は、複数の第三者機関の認証も取得しています。
このサーバーにはインターネット経由ではなく、安診ネット用に作られた特別な回線を使用しなければアクセスできません。そのため蓄積された情報がインターネット上に漏洩することはありません。

■ システムの構成図

システムの構成図

当社では以下のISO 認証を取得しています。
ISO27001 機密情報の漏洩を防止するセキュリティマネジメントシステム
ISO13485 医療機器に対する品質マネジメントシステム


【免責事項】
本ソフトのバイタル異常値とは医療統計学に基づく「異常値」であり、対象者の健康状態の診断にそのまま適用できるものではありません。よって本ソフトの適用や結果に当社は一切責任を負えません。健康管理優先度として表示されるスコアリングは、お客様自身が自らの責任で設定するものです。よってスコアリングの結果表示による、対象者が急性増悪したり後遺症が発生する等医療瑕疵に関しては、本ソフトは責任を負うものではありません。

※個人情報の取り扱いについては、弊社ウェブサイト「プライバシーポリシー」にてご確認ください。

トップへ戻る

病棟健康管理システム 安診ネットメディカル

FUYO GROUP

製造元

芙蓉ディベロップメント株式会社

製造販売

芙蓉開発株式会社

〒812-0015 福岡市博多区山王1丁目10-29
TEL 092-292-9070